画期的な製造方法

3Dプリンティング

選択的レーザー溶融、レーザー焼結、光造形、高速プロトタイピング

積層造形は、第4次産業革命(製造のデジタル化)に関連が深い加工技術です。なぜでしょうか?それは、バッチサイズ一つの小ロットでも3D CADデータから直接部品を安価に製造できる点にあります。金属、合成樹脂、プラスチックなど様々な材料から、高度にカスタマイズされた部品を製造できます。

また、積層造形は設計の自由度が高く、従来の手法では製造不可能だった複雑な形状も簡単に実現できます。例えば、最適化した冷却チャンネルといった機能を構成部品に直接統合できます。スキャンシステムは積層造形装置の主要素として、汎用部品のダイナミックかつ柔軟、そして正確性に優れた製造に欠かすことができません。

インテリジェントなソリューション

加工処理と同様、積層造形用途で使用されるスキャンシステムは多様性に富んでおり、スペクトルは小から大口径、UVからIR波長、標準2Dから3Dカスタムシステムと多岐にわたります。金属粉末床融合のような特に難度が高い用途では、高速と高精度の両方が求められます。 これを実現できるのは、デジタルエンコーダが搭載された超低ドリフトのガルバノスキャナー、SCANaheadをはじめとする画期的な制御方式、または統合型プロセス制御オプションなどの機能を備えた高性能スキャンシステムだけです。これらのxyスキャンシステムはオプションの動的z軸で補強することで、20ビットの分解能のSL2-100プロトコルを備えたRTC 6RTC 5などのコントロールボードにより最適に稼働されます。こうして大型の加工物においても最高レベルの精度とスループットが実現されます。

Dental laser - EOS
Application Additive Manufacturing
Application-EOS
Application-Micromachining-Products

最適なソリューション

Application-Additive-manufacturing-Trumpf

ご質問はこちらから

お問い合わせをお待ちしております。

電話 +49 89 800 746-0

産業